子どもの習い事と家庭学習

スター一緒に学び、一緒に成長。家族で支える学びの旅






幼児の「ひらがな」学習を助ける


幼児向け「ひらがな」学習をサポートする言葉の使い方




簡単に言うと、この記事では、幼児がひらがなを楽しく、効果的に学べるようにするための、保護者向けの実用的なヒントとテクニックを提供します。
幼児にとって、ひらがな学習は長い道のりの始まりです。焦らず、ゆっくりと、楽しみながら学習を続けていきましょう。


声かけのポイント
  • 保護者が発する言葉の重要性の理解
  • 励ましと肯定の言葉
  • 具体的なフィードバックの提供
  • 書き方の指導のコツ
  • 集中力を保つためのアドバイス
  • 自己表現を促す言葉
結論
  父さん先生

幼児にとって、ひらがな学習は初めての文字の世界への冒険です。楽しく、遊び心を取り入れながら、自然にひらがなを覚えていけるよう、様々な声かけを工夫してみましょう。

保護者が発する言葉の重要性


お母さん先生

子どもの初期教育において、「ひらがな」の習得は重要なステップです。この学習プロセスにおいて、保護者のサポートは子どもの自信と能力の発達に大きな影響を与えます。
 
この記事では、子どもがひらがなを学ぶ際に、保護者がどのように言葉を使って励ます、指導し、支援できるかに焦点を当てます。    
 
   

お父さん先生

 
 

6つの子どもにかけたい言葉
  • 子どもの興味や関心を引き出す言葉
  • 子どもの理解度に合わせて言葉
  • 子どものやる気を引き出す言葉
  • 子どもの達成感や成長を認める言葉
  • 子どもの挑戦意欲を高める言葉
  • 子どもの自主性を促す言葉
大事ですよね。
  父さん先生

励ましと肯定の言葉

子どもたちは褒められることでモチベーションを高め、学習への関心を深めます。そして、子どもたちには、自分の努力が報われるという感覚が非常に重要です。自分が頑張っていること、ちょっとした進歩も見逃さないで、積極的に認めてあげましょう。たとえ小さな成果であっても、その一歩が子どもの自信につながります

     
           

お母さん先生

     
     
     

例えば、「とても上手に書けているね!」や「一生懸命書いていて素晴らしいね」といった言葉は、子どもの努力を認め、自信を育てます。

           
   
    励ましの言葉(例)
  • 上手に書けたね!
  • すごい!もう覚えちゃったの?
  • 難しいけど、頑張って!
  • 一緒に頑張ろう!
  • 大丈夫、できるよ!
  • 諦めずに挑戦しよう!
  • 一歩ずつ、ゆっくり進めば大丈夫!
  • 君のペースで、焦らずに!
  • いつも応援しているよ!
  • 君ならできる!

    肯定の言葉(例)
  • 君は、好奇心旺盛で、新しいことが大好きだね!
  • 集中力があって、最後までやり遂げる力があるね!
  • 周りの人をよく見て、気遣うことができる優しい子だね!
  • 発想力豊かで、面白いアイデアがたくさんだね!
  • 自分の意見をしっかりと言うことができるね!
  • 努力家で、目標に向かって頑張ることができるね!
  • 優しい笑顔で、みんなを幸せにするね!
  • 素直で、吸収力抜群だね!
  • 毎日、色々なことにチャレンジして、成長しているね!
  • 君の存在は、周りの人を明るくするね!
 
 

これらの言葉を参考に、子供の性格や状況に合わせて、オリジナルの言葉をかけてあげましょう。

   
 
   

先生

 
 
    ポイント
  • 具体的な行動や成果を褒める。
  • 子供の努力を認める。
  • 無理強いしない。
  • 子供のペースに合わせる。
  • いつも応援していることを伝える。

具体的なフィードバックの提供

単に褒めるだけでなく、具体的な改善点を指摘することも重要です。

     
           

お父さん先生

     
     
     

「この文字はもう少し丸く書くといいね」や「ここの線を長く引くと、もっときれいに見えるよ」などのフィードバックは、子どものスキル向上に役立ちます。

           
   

書き方の指導のコツ

ひらがなを正しく、美しく書くことは重要です。

     
           

お母さん先生

     
     
     

「先に縦の線を書いてみよう」や「この角はもう少し鋭角にしよう」などの指導は、子どもが正しい文字の形を学ぶのに役立ちます。

           
   

集中力を保つためのアドバイス

「ゆっくり時間をかけて大丈夫だよ」や「一文字ずつ丁寧に書こう」といった言葉は、子どもが焦らずに学べるようにするために有効です。これにより、集中力を維持しやすくなります。

自己表現を促す言葉

「どの文字が一番書きやすいかな?」や「自分の好きな文字を書いてみよう」と問いかけることで、子どもの創造性と自己表現を促します。これは、学習への興味を深めるのに役立ちます。


ひらがな書き取り練習Q&A

 
 

最後に、幼児の保護者からよくある質問とその回答をいくつか紹介します。

   
 
   

お父さん先生

 
 
子供が間違った文字を書いたとき、どのように指摘すべきですか?
間違いを指摘する際は、肯定的な言葉を使いましょう。例えば、「この部分はとても良いけど、ここを少し変えるともっと良くなるよ」というように伝えると良いでしょう。
子供が書くのに苦労しているとき、どう励ますべきですか?
「大丈夫、少しずつ上達しているよ」と声をかけ、継続することの大切さを伝えましょう。また、「一緒に練習しようか?」と提案することで、子供をサポートすることができます。
ひらがな学習はいつから始めるのがいいですか?
ひらがな学習は小学校に入学してから本格的に始まることが多いですが、保育園や幼稚園でもひらがな学習が進められることが増えています。子どもが文字に興味を示すきっかけは絵本が多く、絵本のイラストから少しずつ同じページに書かれている文字を見つけることが一般的です。
ひらがなを読むことと書くことの順序は?
ひらがな学習は読むことから始めますが、ひらがなが読めるようになったら書く練習に進みます。ひらがなを書く流れは、聞く・見る、音を文字にする、形を思い出す、書くの4つのステップで構成されています。
ひらがな学習はどのように進めればいいですか?
ひらがなは、音と字の対応関係を覚えることが大切です。まずは、ひらがなの名前や音を覚える練習から始めましょう。また、ひらがなが使われている言葉や文章に触れて、実際の使い方を学ぶことも重要です。
ひらがな学習に困った子どもに対してどうすべきか?
ひらがなが書けないお子さんの半数以上が読むことに対して苦手意識があるため、まずは書くことよりも読む練習から始めてみましょう。また、ひらがなを書く練習には個人差があるため、お子さんのペースに合わせながら楽しく学習に取り組んでみてください。