1. ホーム
  2. こども習い事の一覧
  3. 通信教育にちゃれんじ

こども通信教育にちゃれんじ

通信教育
費用も少なめで 魅力的な習い事のひとつがこどもの通信教育です。
 1/3位のこどもが習った経験があるアンケート結果もあります。
 少子化で通信学習の需要が増えるって時代を反映していますね!

 » ピンポイント学習するなら「無料学習プリント」も◎
 » 国内最大規模の幼児通信教育「こどもちゃれんじ」の解説



男の子通信教育の満足点
  1. 家での学習習慣ができる
  2. 時間を有効活用できる
  3. やるべき事必要な事を教えてくれる
  4. 親子のコミュニケーション力を形成
  5. 繰り返し楽しめ勉強できる
  6. こどもの成長にあわせて楽しめる
  7. ある程度の月齢から自分で学んでくれる
  8. 子供自身で目標・計画をたて学習できる
  9. どんな事を学ばせるか迷わなくていい
  10. 月の負担が少ない
  11. 兄弟等で教材を使いまわしできる
  12. 不要な教材はオークションで処分
  13. 毎月届くのが楽しみ
  14. 本好きになるかも
女の子通信教育の不満点
  1. 自宅学習なので親の努力が必要
  2. さぼると期間毎にくるペースに遅れる
  3. DVDやVHSの見せすぎに注意
  4. DVD等の一方的な教育方法に疑問の声も
  5. 過度のキャラクター好きになるかも
  6. 付録のおもちゃが溜まる
  7. 1歳頃の月齢だと楽しみが分かりづらい

通信教育について感想

はじめての子育てで子供(月齢)にあったおもちゃや本を探すのに迷ったり
何から教えたり、良い教え方が分からない時でも
通信教育に申し込んだら月齢にあった教材や絵本が届くようになるので便利です。
(子供の成長にあった教材の取り方でできる(こどもちゃれんじ)もあります。)

 好みがあるかもしれませんが 大手の通信教育などは、値段の割りに質が高いです。
幼児教育を研究し月齢ごとの子供の感心興味をひきつける内容だと思っています。
 実際 素人がお店で迷って悩んでおもちゃや本を買うよりも
通信教育の方が選択に間違いなくお金の負担も少なくなるのではないでしょうか?

 他にも親の固定観念的な好みではなく一般的な教材や絵本を与え、 
自分の子供がどの部分・内容に興味を持つのか親としては楽しみです。
  3歳位から勉強色が強くなったプリント・ドリルになってきます。


1.通信教育の分類


  • 学習系
    赤ちゃん・園児・小学生のための家庭用学習教材
    少子化になっても学習系通信教育の人気は衰えません。
    楽しみながら学習できる教材は魅力です。
  • 絵本系
    毎月絵本が1冊届くタイプのもの
    絵本の読み聞かせ=国語力になっていきます。
    国語力はどの学習でも基礎になるので必需です。
  • ドリル系
    プリント中心の家庭用学習教材
    自分でネットから学習プリントを選びダウンロードして
    プリントするタイプは格安です。

5.通信教育の注意例


通信教育の教材は 子供に与えるだけでは有効的な利用方法とはいえません。
基本的に親のサポートが必ず必要になります。この親子の時間を大切にしましょう。
ある程度の月齢になれば 通信教育はこどもにとって
「やらされているもの」でなく「自分自身が行っていくもの」と考えられるようになれば◎

他にも下記点に注意が必要かと
  • 会社により教材の特色があるので体験版などで検討してみる。

  • ※Yahooオークションなどで中古通信教育の教材が出品されてるものを狙うのも○
  • きちんとできなければ途中退会の検討も
  • 付録教材のDVDの見せすぎに注意
  • 有名な大手通信教育が一番子供にあっているとは限りません。
「子供」「通信教育」の最新質問
Loading
TOPに戻る