子どもの習い事と家庭学習

スター一緒に学び、一緒に成長。家族で支える学びの旅



スポーツ系の習い事「少林寺拳法と空手比べ」



この記事のキーワードと要約


イメージ
子どもの習い事 空手と少林寺拳法の違い


要約

少林寺拳法は肉体の強さよりも精神的な強さを目指すケースが多いです。

おすすめポイント

大きくなっても役に立つ習い事のひとつ




空手ってのは、沖縄発祥の武道なんだ。手と足での素早い打撃技が特徴で、ストレートな攻撃がクールだよね。



少林寺拳法!こちらは中国発祥で、多彩な技術が魅力の武道。手技、足技、投げ技、関節技など、なんでもアリ!相手の動きにフレキシブルに対応できるんだ。



『空手は礼に始まり礼に終わる』ってのが空手の哲学。礼儀正しさが大事にされていて、相手への尊重も忘れないんだ。"



少林寺拳法の哲学は仏教的で、武道を通して精神的な成長と調和を大切にしているよ。正義感や善悪の判断もキープ

これからもっと詳しく空手と少林寺拳法の違いを紹介していきます。

空手と少林寺拳法の違い空手(Karate)


### 1. 起源と歴史 空手は、主に沖縄で発展した武道で、中国の武術と沖縄の伝統的な格闘技が融合して生まれました。 主に手足を使った打撃技が特徴で、直線的で迅速な攻撃が目立ちます。 ### 2. 哲学 空手の哲学は「空手は礼に始まり礼に終わる」という考え方が根底にあり、相手に対する尊重や礼儀が重要視されます。 空手は、肉体的な戦いだけでなく、精神的な修行も重要視されます。 ### 3. 技術 空手の技術は、手技(打撃技)と足技(蹴り技)に焦点を当てています。 カタ(形)と呼ばれる事前に定められた動きの練習が重要で、これによって基本的な技術や戦術を身につける。

少林寺拳法(Shaolin Kempo)

1. 起源と歴史

少林寺拳法は、中国の少林寺から発展しました。少林寺は仏教寺院で、僧侶たちが身を守るために武術を修行していたことから生まれたとされています。 手技、足技、投げ技、関節技など、多様な技術を含む。

2. 哲学

少林寺拳法の哲学は仏教的であり、武道の修行を通じて精神的な成長と調和を重視します。 善悪の判断や道徳的な価値観も重要な要素とされています。

3. 技術

少林寺拳法は、多彩で変化に富んだ技術を持っており、相手の動きに応じて柔軟に対応できることが求められます。 カタの他に、組み手や実戦形(応用技術)も重要な訓練項目とされています。 共通点 どちらも武道の中でも体力や柔軟性、集中力の向上に寄与します。 空手も少林寺拳法も、相手を尊重し、自分自身を律するための修行が重要視されています。 どちらが良いかは個人の好みや目的によります。空手はシンプルで迅速な打撃技に重点があり、少林寺拳法は多様な技術を含む柔軟性があります。どちらも練習者にとって充実した経験となるでしょう。