子どもの習い事と家庭学習

スター一緒に学び、一緒に成長。家族で支える学びの旅



知っておきたい「柔道のメリット」



この記事のキーワードと要約


イメージ
柔道のメリットを徹底解説!


要約

将来はオリンピック選手?警察官? こどもの習い事「柔道」のメリット・デメリットを考えまとめた事を紹介しています。

おすすめポイント

大きくなっても役に立つ習い事のひとつ


柔道を習うことの10のメリット

こんにちは、皆さん。今日は、柔道を習うことのメリットについてお話ししたいと思います。柔道は、日本が誇る伝統的な武道であり、その教えは世界中に広まっています。では、柔道を習うことで得られる具体的なメリットは何でしょうか? 今回は、その10のメリットをご紹介します。

1. 礼儀作法が身につく

柔道は、「礼に始まり、礼に終わる」を教えています。道場に入るとき、稽古を始めるとき、終わるとき、必ず礼をします。これは、相手を尊重し、感謝の意を示すためです。この礼儀作法は、日常生活にも役立ちます。

例えば、ある柔道家の話を聞いてみましょう。「私が子供の頃、柔道を習い始めたとき、最初に教わったのは技ではなく、礼儀でした。それが今でも私の人間関係を支えています。」

2. 身体を鍛える

柔道は全身を使うスポーツで、日々の練習や鍛錬により、自然と身体が鍛えられます。筋力、柔軟性、バランス感覚、持久力など、全身の能力を高めることができます。

「私が中学生の頃、体力がなくて困っていました。しかし、柔道を始めてからは、体力がつき、体調も良くなりました。」という柔道家の声もあります。

3. 目標を持って取り組む

柔道には昇段・昇級制度があり、黒帯を取得したい、段位を上げたいといった具体的な目標を持って取り組むことができます。この目標設定は、自己成長にとって非常に重要です。

ある柔道家は、「私の目標は黒帯を取ることでした。そのためには、毎日の練習が必要でした。その結果、自分自身を高めることができました。」と語っています。

4. 他人に叱られる経験

親以外の大人に叱られる経験を通じて、子供たちは自分の行動を反省し、自己改善のためのスキルを身につけます。「先生に叱られることで、自分の行動を見直すことができました。」という柔道家の声もあります。

5. 理不尽なケースに対処する能力

時には理不尽な状況に直面することもありますが、それを受け入れ、乗り越えるための精神力を養います。「試合で負けたとき、それは自分の力不足だと受け入れ、次に活かすことができました。」という柔道家の声もあります。

6. 受け身が取れればケガをしにくくなる

柔道の受け身は万能で、日常生活でもケガをしにくくなります。「自転車から落ちたとき、柔道の受け身で無事に立ち上がることができました。」という柔道家の声もあります。

7. 自己防衛能力

柔道は自己防衛の技術を教え、身を守る力を身につけることができます。「ある日、路上で襲われそうになりました。しかし、柔道の技で相手を制することができました。」という柔道家の声もあります。

8. 精神力の向上

柔道はへこたれない精神力を育てます。「試合で負けても、次に向けて立ち上がる力を柔道から学びました。」という柔道家の声もあります。

9. 社会性の向上

柔道は個人競技でありながらも団体戦もあり、チームワークや協調性を学ぶことができます。「団体戦での勝利は、一人一人の力が集まった結果です。その経験は、社会生活でも役立っています。」という柔道家の声もあります。

10. 進学や就職に有利

柔道の経験は進学や就職の際に有利となることがあります。「大学の柔道部に入ることで、希望の大学に進学できました。」という柔道家の声もあります。

以上、柔道を習うことの10のメリットについてご紹介しました。ただし、柔道を始める際には、適切な指導を受けることが重要です。また、柔道は体を使うスポーツなので、ケガのリスクもあります。そのため、安全な練習環境を確保することが大切です。

皆さんも、柔道を始めてみてはいかがでしょうか? それでは、また次回。