子どもの習い事と家庭学習




考慮すべき「柔道教室の選び方」



この記事のキーワードと要約


イメージ
こども柔道教室の選び方


要約

子どもが柔道を習うために、教室を選ぶ際にはいくつかのポイントに注意してください。役立つガイドラインを紹介します。

おすすめポイント

教室によって違います。


柔道教室を選ぶ際のポイント



お母さん先生

多くの習い事と同じですが、長く続けるなら最低限下記は確認しておきましょう。

柔道教室の場所

場所
柔道教室が子どもの通学路や自宅に近い場所にあることが望ましいです。 警察署やスポーツ施設に設けられています。
長時間の通勤が必要な場合、子どものストレスや疲労を軽減することが難しくなります。

お母さん先生

近隣の道場を探すなら「全日本柔道連盟」のサイトがおススメです。

時間帯(スケジュール)

週に何回練習あるのか?
子どもが習うことができる曜日や時間帯が教室のスケジュールに合っていることを確認してください。 家族のスケジュールに合致しているかも大切です。
学校や他の習い事との両立が可能な時間帯が選択肢として提供されていることが望ましいです。

費用

場所
受講料や追加費用について理解し、予算に合わせること考えよう。

初期費用

入会金や道着(柔道着)の購入など、最初にかかる

月謝

月額の受講料です。これには通常、週に複数回の練習が含まれています。

大会参加費

大会に参加する場合、参加費や大会用の制服購入などが別途かかることがあります。

試験料

柔道の段昇段試験がある場合、その受験料がかかることがあります。

指導者

指導者によって指導スタイルは違うので大事です。 柔道教室のホームページで指導者紹介してるか?していたらどのような人柄がでているか確認してください。 教室の指導者が経験豊富なだけでなく全柔連公認指導者ライセンスを持っているかも大事ですが指導者が子どもたちに対して優しく、理解を示す態度を持っていることも重要です。

設備

柔道場の設備や清潔さを確認する。 教室の設備が安全で、事故やケガを少しでも減らせる環境が整っていることを確認してください。 教室の広さや道場の整備具合や安全な畳(衝撃吸収力の高いソフト)が整っていることが望ましいです。

評判

場所
柔道教室の評判を調べることも重要です。 可能であれば地元の他の保護者や子どもたちが教室についてどのように感じているかを聞いてみると、教室の雰囲気や指導方法についての情報が得られます。