子どもの習い事と家庭学習

スター一緒に学び、一緒に成長。家族で支える学びの旅



知っておきたい「柔道のデメリット」



この記事のキーワードと要約


イメージ
柔道のデメリットを徹底解説!


要約

将来はオリンピック選手?警察官? こどもの習い事「柔道」のメリット・デメリットを考えまとめた事を紹介しています。

おすすめポイント

大きくなっても役に立つ習い事のひとつ


柔道を習うことのデメリット

こんにちは、皆さん。今日は、柔道を習うことのデメリットについてお話ししたいと思います。柔道は、日本が誇る伝統的な武道であり、その教えは世界中に広まっています。しかし、柔道を習うことにはメリットだけでなく、デメリットも存在します。今回は、そのデメリットをご紹介します。

1. 体育での活躍の場が少ない³

柔道は個人競技であり、団体スポーツに比べて体育の授業や学校のスポーツイベントで活躍する機会が少ないかもしれません³。サッカーやバスケットボールなどの団体スポーツを習っている子供たちは、体育の授業でそのスキルを活かすことができますが、柔道の場合はそうはいきません³。

2. 走るのが得意ではなくなる³

柔道は全身を使うスポーツであり、特に下半身の力を鍛えます³。しかし、長距離走などの持久力を必要とするスポーツには向いていないかもしれません³。柔道を習っている子供たちは、走るのが苦手になることがあります³。

3. 見た目が気になる³

柔道を習うと、体格ががっしりとしたり、筋肉質になったりすることがあります³。これは、柔道が全身を使うスポーツであるためです³。しかし、見た目を気にする子供たちにとっては、これがデメリットに感じられることもあります³。

4. 怪我をする可能性がある¹⁴⁵

柔道は体を使うスポーツであり、怪我をするリスクがあります¹⁴⁵。特に、受け身が完璧にできない状態で技の練習を始めたり、指導者が柔道の経験がない場合、重大な事故につながる可能性があります¹⁴⁵。そのため、柔道を始める際には、適切な指導を受けることが重要です¹⁴⁵。

5. 体力には限界がある¹

柔道は体力を必要とするスポーツであり、体力の限界を超えて練習をしすぎると、筋肉や関節に負担をかけてしまうことがあります¹。また、準備運動を十分に行わないまま体を動かすと、肉離れや腱の損傷などが起こる可能性があります⁵。

6. 目標がなかなか達成できず自暴自棄になる¹

柔道には昇段・昇級制度があり、具体的な目標を持って取り組むことができます¹。しかし、目標がなかなか達成できないとき、自暴自棄になることもあります¹。そのため、目標設定は適切に行い、達成できなかったときの対処法も学ぶことが重要です¹。

以上、柔道を習うことのデメリットについてご紹介しました。ただし、これらのデメリットは、適切な指導と練習環境があれば、最小限に抑えることができます。また、これらのデメリットを乗り越えることで、子供たちはさらに成長することができます。それでは、また次回。