子どもの習い事と家庭学習




この文字わかるかな?「アルファベットを答えるカード①」無料ダウンロード



プリント教材イメージと概要


プリントイメージ
L版アルファベット「フラッシュカード(大文字)①」(26枚版)
pdf問題 L版サイズ 26ページ
プリント概要

アルファベット(大文字版)フラッシュカードです。この字の読み方かは分かるかな?書けるかな?とと子どもに考えてもらうのにも使えるカードです。L判サイズなので印刷も管理もしやすいと思います。左下に小文字アルファベットがあります。

おすすめポイント

シンプルなアルファベットカード




「アルファベットを答えるカード①」基本データ


プリント名 アルファベットを答えるカード①
プリント内容 何の字か答えるアルファベットカード
教科 アルファベットを答える問題
プリントサイズ L版(横)
全ページ数 26ページ
対象 小学1年生
カテゴリ
キーワード

内容をひと言で紹介

お母さん先生

アルファベットのフラッシュカード


シンプルだけに長く使えます。

お父さん先生



「アルファベットを答えるカード①」ダウンロード




こちらから、全26の
PDFプリントpdf」をダウンロードできます。

先生

お母さん先生

もし、個別プリント(ページ毎)が欲しい場合は、下記から必用なページをダウンロードし印刷してください。



プリント教材の感想



男の子

左下に小文字アルファベットを明記


音読したり並べたりするのも良し

女の子


- 関連するおすすめプリント -

L版アルファベット「フラッシュカード(小文字)③」(26枚版)
アルファベットを答えるカード③
アルファベット(小文字版)フラッシュカードです。この字の読み方かは分かるかな?書けるかな?とと子どもに考えてもらうのにも使えるカードです。L判サイズなので印刷も管理もしやすいと思います。左下に大文字アルファベットがあります。

A4サイズにまとめたL版「フラッシュカード(アルファベット小文字版)②」
アルファベットを答えるカード④
A4サイズにまとめた、L版サイズのアルファベット版フラッシュカードです。この字の読み方かは分かるかな?書けるかな?と子どもに考えてもらうのにも使えるカードです。左下に小文字を書いています。

A4サイズにまとめたL版「フラッシュカード(アルファベット)②」
アルファベットを答えるカード②
A4サイズにまとめた、L版サイズのアルファベット版フラッシュカードです。この字の読み方かは分かるかな?書けるかな?と子どもに考えてもらうのにも使えるカードです。左下に小文字を書いています。

L版サイズ「フラッシュカード(文字)①」(アイウエオ順)
カタカナ一文字を答えるカード①
アイウエオ順に並んでいるL版サイズの文字版フラッシュカードです。この字の読み方かは分かるかな?書けるかな?とと子どもに考えてもらうのにも使えるカードです。L判サイズなので印刷も管理もしやすいと思います。左下にひらがなとヘボン式ローマ字を書いています。

A4にまとめたL版サイズ「フラッシュカード(絵)①」(あいうえお順)
絵を見てひらがなで答えるカード①
A4サイズにまとめた、あいうえお順に並んでいるL版サイズのフラッシュカードです。この絵は何かな?と子どもに答えてもらうカードです。L判サイズなので印刷も管理もしやすいと思います。左下に記載している答えは指で隠しながら使ってください。

A4サイズにまとめたL版サイズ「フラッシュカード(文字)②」(あいうえお順)
ひらがな一文字を答えるカード②
A4サイズにまとめた、あいうえお順に並んでいるL版サイズの文字版フラッシュカードです。この字の読み方かは分かるかな?書けるかな?とと子どもに考えてもらうのにも使えるカードです。左下にカタカナとヘボン式ローマ字を書いています。

A4サイズにまとめたL版サイズ「フラッシュカード(文字)②」(アイウエオ順)
カタカナ一文字を答えるカード②
A4サイズにまとめた、アイウエオ順に並んでいるL版サイズの文字版フラッシュカードです。この字の読み方かは分かるかな?書けるかな?とと子どもに考えてもらうのにも使えるカードです。左下にカタカナとヘボン式ローマ字を書いています。

A4サイズにまとめたL版サイズ「フラッシュカード(文字)②」(アイウエオ順)
絵を見てひらがなで答えるカード②
A4サイズにまとめた、アイウエオ順に並んでいるL版サイズの文字版フラッシュカードで絵を見て名前は何かな?と子どもに考えてもらうのにも使えるカードです。カタカナで答えるイラストを集めています。



プリントを使う時のルール


詳しくは「注意事項と免責事項」に記載していますが、 このプリント「アルファベットを答えるカード①」は、「注意事項と免責事項」の範囲内であれば、ご自由に使用することができます。


簡単に言うと再配布は×、家庭や学校などでの使用は無料・連絡なしでOKです。

先生


この記事の前後記事