子どもの習い事と家庭学習




積み木の数を数える「積み木比べ問題①」無料ダウンロード



プリント教材イメージと概要


プリントイメージ
どちらの積み木が多い?「積み木比べ問題①」(10個以下の積み木)
pdf問題 A4サイズ 4ページ
プリント概要

積み木(ブロック)を数えてどちらの積み木が多いのかを答えるプリントです。同じ大きさの積み木ブロックが並んで形を作っていますが、右と左で使っている数が違います。どちらが多いのかを答えましょう。注意して立体図形を観察する必用があります。このプリントは10個以下のブロックで構成されているバージョンです。

おすすめポイント

二つの積み木を見比べられること




「積み木比べ問題①」基本データ


プリント名 積み木比べ問題①
プリント内容 積み木ブロック比べ
教科 並び替え問題
プリントサイズ A4縦
全ページ数 4ページ
対象 小学1年生
カテゴリ
キーワード

内容をひと言で紹介



お母さん先生

どちらが多いか答える問題


右と左で積み木の数が違います。

お父さん先生



「積み木比べ問題①」ダウンロード




積み木プリントについて

積み木のかたまりを比較するプリントは、子どもたちにとって数学的な探究を促す楽しい挑戦です。右と左の積み木を数え、比較して、どちらが多いかを識別することは、数学的な比較概念の理解を深める絶好の機会を提供します。

活用のメリット

  • 数の比較能力の向上: 2つのグループを比較することで、子どもたちは数の比較という基本的な数学的概念を学びます。
  • 観察力と分析力の養成: 積み木のかたまりを観察し、分析することで、子どもたちの観察力と分析力が育まれます。
  • コミュニケーションの促進: この活動を通じて、親子間でのコミュニケーションが促され、学習の楽しさを共有できます。

このプリントを使用することで、子どもたちは数学的なスキルだけでなく、批判的思考能力も同時に養うことができます。親子で楽しむことで、学習体験がより豊かになります。

幼児期の数の比較学習の重要性

算数を習っていない幼児期に数を比べる活動は、数の直感的理解を助け、基本的な数学的思考能力を育てます。観察力、分析力、問題解決能力の向上に役立ち、日常生活での応用能力を養います。この学びは、子どもたちが将来の数学学習に対して良い基盤を持つのに役立つと考えています。

こちらから、全4ページの
PDFプリントpdf」をダウンロードできます。

先生

お母さん先生

このプリントには
 「答えpdfを用意しています。


もし、個別プリント(ページ毎)が欲しい場合は、下記から必用なページをダウンロードし印刷してください。

先生


プリント問題の積み木を解くためのコツ

お母さん先生

見えないところにも積み木を「想像する力」を使って正確に数える事ができるかどうかがポイントです。慣れると大きくなってからも役立つ立体的な空間認識能力が高まるので頑張りましょう♪
  1. 問題文を注意深く読む
  2. 積み木の配置を確認する
  3. 積み木の数や見え方を確認する
  4. ひとつひとつ印をつけながら数える
  5. 数字やチェックを書き入れながら数える
  6. 隠れた場所の積み木を数える練習をする
  7. 低い所から、高い所からとマイルールを作る
  8. 実際の積み木を組み立てる
  9. いろんなパターンを練習する


小学校、中学校受験なら数をこなしましょう。

お父さん先生



プリント教材の感想



男の子

数の大小がわかります。


次のステップ計算にも役立ちます。

女の子


- 関連するおすすめプリント -

どちらの積み木が多い?「積み木比べ問題②」(10個以下の積み木)
積み木比べ問題②
積み木(ブロック)を数えてどちらの積み木が多いのかを答えるプリントです。右と左に積み木が並んでいますが、使っている積み木(ブロック)数が違います。どちらも陰に隠れた積み木があるので数え忘れがないように数えてどちらが多いのかを答えましょう。このプリントは10個以下のブロックで構成されているバージョンです。

どちらの積み木が少ない?「積み木比べ問題③」(10個以下の積み木)
積み木比べ問題③
積み木(ブロック)を数えてどちらの積み木が少ないのかを答えるプリントです。右と左に積み木が並んでいますが、使っている積み木(ブロック)数が違います。どちらも積み木が隠れず並んでいるので一つずつ数えて見比べましょう。このプリントは10個以下のブロックで構成されているバージョンです。

どちらの積み木が少ない?「積み木比べ問題④」(10個以下の積み木)
積み木比べ問題④
積み木(ブロック)を数えてどちらの積み木が少ないのかを答えるプリントです。右と左に積み木が並んでいますが、使っている積み木(ブロック)数が違います。どちらも隠れている積み木があるのでしっかり数えましょう。このプリントは10個以下のブロックで構成されているバージョンです。

「積み木を合わせて数える問題 ②」(合わせて10個までの積み木数)
積み木を合わせて数える問題②
3つある積み木(ブロック)を数えて答えるプリントです。隠れている積み木が出現することだけでなく、このプリントでは答えは10以上になる問題も含みます。数える量が増えてくるので自分なりに間違えがない数え方を見つけて頑張りましょう♪


「積み木を合わせて数える問題 ③」(合わせて20個までの積み木数)
積み木を合わせて数える問題③
3つある積み木(ブロック)を数えて答えるプリントです。隠れている積み木が出現することだけでなく、このプリントでは答えが10以上20以下の数を数える問題になる難易度が高めの問題になります。数える量が増えてくるので頭の中だけでなくメモをとりながら間違えがない方法を見つけて頑張りましょう♪


「10個以上の積み木を数える問①」(19個までの積み木数)
10個以上の積み木を数える問題①
積み木(ブロック)を数えて答えるプリントです。このプリントでは10個から19個までの同じ大きさの積み木ブロックが並んで形を作っています。それぞれいくつの積み木ブロックで作られているかを数えていきましょう。


「10個以上の積み木を数える問題②」(27個までの積み木数)
10個以上の積み木を数える問題②
積み木(ブロック)を数えて答えるプリントです。このプリントでは10個から27個までの同じ大きさの積み木ブロックが並んで形を作っています。それぞれいくつの積み木ブロックで作られているかを数えていきましょう。


「積み木を合わせて数える問題 ①」(合わせて10個までの積み木数)
積み木を合わせて数える問題①
3つある積み木(ブロック)を数えて答えるプリントです。このプリントでは答えは10以下になります。また隠れている積み木がないので数えやすい初級問題になります。図形だけではなく数の概念を学ぶのにもぴったりなプリントになっています。




プリントを使う時のルール


詳しくは「注意事項と免責事項」に記載していますが、 このプリント「積み木比べ問題①」は、「注意事項と免責事項」の範囲内であれば、ご自由に使用することができます。


簡単に言うと再配布は×、家庭や学校などでの使用は無料・連絡なしでOKです。

先生


この記事の前後記事