子どもの習い事と家庭学習




並んだブロックを数える「積み木を数える問題②」無料ダウンロード



プリント教材イメージと概要

プリントキーワード 立体図形 積み木 観察

プリントイメージ
積み木ブロックを数える「積み木を数える問題 ②」(一部分が隠れている10個以下の積み木)
pdf問題 A4サイズ 4ページ
プリント概要

積み木(ブロック)を数えて答えるプリントです。同じ大きさの積み木ブロックが並んで形を作っていますが、一部分が隠れているのでこの部分をちゃんと含めて数えられれるかがポイントです。このプリントは10個以下のブロックで構成されているバージョンです。

おすすめポイント

隠れている部分を考えるところ




「積み木を数える問題②」基本データ


プリント名 積み木を数える問題②
プリント内容 積み木ブロック数え
教科 並び替え問題
プリントサイズ A4縦
全ページ数 4ページ
対象 小学1年生
カテゴリ
キーワード

内容をひと言で紹介



お母さん先生

積み木を数える問題


隠れている積み木も数えよう

お父さん先生



「積み木を数える問題②」ダウンロード




積み木を数えるプリントについて

積み木ブロックを数える活動は、子どもたちの算数への興味を引き出し、基本的な数の概念を楽しく学習するための魅力的な方法です。このプリントを使って、親子で一緒に色々な形や色のブロックを数え、数の世界への第一歩を踏み出しましょう。プリント上の課題を解くことで、子どもたちは数える力を養い、数の理解を深めることができます。以下に、この教材をより効果的に使うためのヒントとメリットを紹介します。

効果的な使い方

  • 段階的に数える: ブロックを少しずつ数え、徐々に数を増やしていくことで、子どもの数えるスキルを段階的に向上させます。
  • ブロックの特徴を活用する: 積み木の色や形を使って、分類やグループ化の概念を導入することができます。
  • 遊びと学びの組み合わせ: 積み木で遊びながら数を数えることで、学習に遊び心を取り入れ、より楽しい体験を提供します。
  • 親子での挑戦: 親子で一緒に数えることで、学習への関心を高め、子どもの自信を育てます。

学習のメリット

  • 算数基礎への理解: 基本的な数の概念を身につけることで、算数の基礎を強固にします。
  • 認識能力の向上: 様々なブロックを識別し数えることで、視覚的認識能力と集中力を高めます。
  • コミュニケーションと協力: 一緒に課題に取り組むことで、親子間のコミュニケーションと協力の精神を養います。
  • 創造性と想像力: 積み木を使った遊びを通じて、子どもの創造性と想像力を刺激します。

積み木ブロックを数えるプリントは、子どもたちが数学の世界へ楽しく一歩を踏み出すための扉を開きます。この教材を通じて、親子での貴重な学習時間をお楽しみください。

こちらから、全4ページの
PDFプリントpdf」をダウンロードできます。

先生

お母さん先生

このプリントには
 「答えpdfを用意しています。


もし、個別プリント(ページ毎)が欲しい場合は、下記から必用なページをダウンロードし印刷してください。

先生


プリント問題の積み木を解くためのコツ

お母さん先生

見えないところにも積み木を「想像する力」を使って正確に数える事ができるかどうかがポイントです。慣れると大きくなってからも役立つ立体的な空間認識能力が高まるので頑張りましょう♪
  1. 問題文を注意深く読む
  2. 積み木の配置を確認する
  3. 積み木の数や見え方を確認する
  4. ひとつひとつ印をつけながら数える
  5. 数字やチェックを書き入れながら数える
  6. 隠れた場所の積み木を数える練習をする
  7. 低い所から、高い所からとマイルールを作る
  8. 実際の積み木を組み立てる
  9. いろんなパターンを練習する


小学校、中学校受験なら数をこなしましょう。

お父さん先生



プリント教材の感想



男の子

脳トレみたいで楽しめる!


立体パズル要素が強いです。

女の子


- 関連するおすすめプリント -

「積み木を合わせて数える問題 ②」(合わせて10個までの積み木数)
積み木を合わせて数える問題②
3つある積み木(ブロック)を数えて答えるプリントです。隠れている積み木が出現することだけでなく、このプリントでは答えは10以上になる問題も含みます。数える量が増えてくるので自分なりに間違えがない数え方を見つけて頑張りましょう♪


「積み木を合わせて数える問題 ③」(合わせて20個までの積み木数)
積み木を合わせて数える問題③
3つある積み木(ブロック)を数えて答えるプリントです。隠れている積み木が出現することだけでなく、このプリントでは答えが10以上20以下の数を数える問題になる難易度が高めの問題になります。数える量が増えてくるので頭の中だけでなくメモをとりながら間違えがない方法を見つけて頑張りましょう♪


「10個以上の積み木を数える問①」(19個までの積み木数)
10個以上の積み木を数える問題①
積み木(ブロック)を数えて答えるプリントです。このプリントでは10個から19個までの同じ大きさの積み木ブロックが並んで形を作っています。それぞれいくつの積み木ブロックで作られているかを数えていきましょう。


「10個以上の積み木を数える問題②」(27個までの積み木数)
10個以上の積み木を数える問題②
積み木(ブロック)を数えて答えるプリントです。このプリントでは10個から27個までの同じ大きさの積み木ブロックが並んで形を作っています。それぞれいくつの積み木ブロックで作られているかを数えていきましょう。


「積み木を合わせて数える問題 ①」(合わせて10個までの積み木数)
積み木を合わせて数える問題①
3つある積み木(ブロック)を数えて答えるプリントです。このプリントでは答えは10以下になります。また隠れている積み木がないので数えやすい初級問題になります。図形だけではなく数の概念を学ぶのにもぴったりなプリントになっています。


積み木をつかった引き算「積み木計算問題②」(10個以下の積み木)
積み木(引き算)②
左にある積み木ブロックから右にある積み木をとると残りいくつの積み木ブロックになるのかを答える積み木の引き算プリントになります。隠れているブロックを数え忘れないようにするのがポイントです。このプリントの答えは10個以下のブロックになるようになっています。

積み木をつかった引き算「積み木(引き算)①」(10個以下の積み木)
積み木(引き算)①
左にある積み木ブロックから右にある積み木をとると残りいくつの積み木ブロックになるのかを答える積み木の引き算プリントになります。このプリントの答えは10個以下のブロックになるようになっています。

どちらの積み木が多い?「積み木比べ問題①」(10個以下の積み木)
積み木比べ問題①
積み木(ブロック)を数えてどちらの積み木が多いのかを答えるプリントです。同じ大きさの積み木ブロックが並んで形を作っていますが、右と左で使っている数が違います。どちらが多いのかを答えましょう。注意して立体図形を観察する必用があります。このプリントは10個以下のブロックで構成されているバージョンです。



プリントを使う時のルール


詳しくは「注意事項と免責事項」に記載していますが、 このプリント「積み木を数える問題②」は、「注意事項と免責事項」の範囲内であれば、ご自由に使用することができます。


簡単に言うと再配布は×、家庭や学校などでの使用は無料・連絡なしでOKです。

先生


この記事の前後記事