1. ホーム
  2. こども習い事の一覧
  3. 幼児教室にちゃれんじ

幼児教室にちゃれんじ

幼児教室は大きく小学校の受験対策と能力開発の為になど習う目的が分かれます。
幼児教室

男の子幼児教室の満足点
  1. 同世代のこどもに刺激を受ける
  2. 能力・感性を育てる
  3. カリキュラムがあり楽しめる空間
  4. 親も刺激を受けそう
女の子幼児教室の不満点
  1. 費用対効果が分かりにくい
  2. 個人差のある成長度合いを比べてしまう
  3. 学ぶ目的がはっきりしないケースも

幼児教室について感想

幼児教室と言っても小学校への受験対策に必要な「日常生活スキルやマナー」や面接などの受け答えの練習から、音楽・運動・感性などの能力を磨く「発達・社会性を身につける教育までさまざまあります。

従って幼児教室も大きく下記に分類できると思っています。
・小学校の受験対策系
・右脳教育など能力開発系
・親子のスキンシップがとれるアットホーム系

受験対策系の幼児教室は別として
幼児教室では他のこどもと楽しく遊んだり、親子でカリキュラムに沿った充実した時間を過ごしながらこども感性・感覚を磨ける教室が多いと思います。
幼児教室に役立つキーワード
モンテッソーリ教育=自立した子どもを育てる
早期教育=1~3才は人間形成のベースになる

1.幼児教室に必要な費用と教室


  • 習える教室・・・多い(児童館・個人・フランチャイズ教室・大手)
  • 近所にある確立・・・高い
  • 月謝・・・幅広(0円から50000円以上も)
※児童館等の親子スキンシップも幼児教育のひとつだと思っています。
※小学校受験対策系の幼児教室では月謝が高めです。

4.地元の幼児教室を探す




GoogleYahooで検索するのが定番ですが、
 Yahooロコiタウンページウィメンズパークで調べるのも役立ちますよ♪

5.幼児教室の注意例


他の習い事のように使ったお金=成果が分かりにくい習い事のひとつかもしれません。
ただ近年幼児教育が注目されさまざまな幼児教室があります。
目的を持ち 体験入学や実際に習っている人からどんな教室なのか知って入会しましょう。
目的といっても楽しい時間・空間を親子で過ごすというものでも大丈夫です。

幼児教室のチェックポイント
・授業方針と内容
・少人数制かマンツーマンか
・親の参加割合
「子供」「幼児教室」の最新質問
Loading
TOPに戻る