1. ホーム
  2. こども習い事の一覧
  3. ヴァイオリンにちゃれんじ

ヴァイオリンにちゃれんじ

ヴァイオリンを子供が習う=お金持ちのいい育ちをイメージしてしまいます。
ヴァイオリン

男の子ヴァイオリン教室の満足点
  1. ヴァイオリンの音色に触れ合える
  2. 音楽の才能を伸ばせる
  3. 音楽とふれあえる
  4. お金持ち・いい育ちに思われる
  5. ピアノとは違う音感がつく
  6. 集中力がつく
  7. 音楽を通じた友達
  8. 運動音痴でも自分に自信がつく
    【小中時代】
  9. 音楽の成績
  10. 音楽会等で目立てるかも
    【大人になってから】
  11. 自慢できる
  12. ヴァイオリンが人生の楽しみ・趣味になる
  13. 親子でアンサンブルも可能
女の子ヴァイオリン教室の不満点
  1. 音を出すまでに最初から努力が必要
  2. ある程度才能が必要
  3. お金=月謝・ヴァイオリンの買い替え
  4. 学校の音楽授業で力が発揮できない
  5. 調弦など親の努力も必要

ヴァイオリンについて感想

子供が習うには色々ハードルが高い習い事のひとつヴァイオリンですが
将来音楽の道へ考える親子だけでなく情操教育の一環として習う子供も増えています。

ヴァイオリンの美しい音色は人間の声に近いとされているせいかヴァイオリンの生演奏は心を潤わせ感動させてくれます。
(美しい「ヴィブラート」や音階や音程にも拘束されない「連続音」が大好きです。)
音楽好きの親なら将来自分の子供がヴァイオリンを演奏できるようになり、
兄弟や親子でヴァイオリンの2重奏や家族の中でピアノとヴァイオリン演奏で小さなコンサートができれば素敵だなぁと想像してしまいます。

ヴァイオリンを習うことによって技術だけでなく
 いろんな感性も磨き成長してくれればと思います。

1.ヴァイオリンを習う為の教室と費用


  • 習える教室・・・大手・個人教室・家庭教師など
  • 近所にある確立・・・少
  • 月謝・・・比較的高め(10000円位から)
  • 初期費用・・・高い
  • 追加費用・・・高い・・・教材費、発表会費等 ヴァイオリン購入は出費大
子供向けのヴァイオリンでも数10万円必要で、体の成長・技術の向上に伴いヴァイオリンの買い替えが必ず必要です。
音大レベルになると普通に何百万・何千万もするヴァイオリンを持っています。
※子供用に小さいサイズのヴァイオリンもあり子供の体格にあったものを選べます。

4.地元のヴァイオリン教室を探す




GoogleYahooで検索するのが定番ですが、
 Yahooロコiタウンページウィメンズパークで調べるのも役立ちますよ♪

5.ヴァイオリン教室の注意例


どうしてもお金が必要でいい育ちの子供が習う習い事のイメージがあります。
逆にヴァイオリンを習ってる子に憧れを感じたりする私もありますが・・・

まずお金に関しては
・子供の成長や技術向上に合わせて数十万円以上するヴァイオリンの購入が必要
・月謝が高く発表会など

技術的には
・他の楽器に比べ音を出す事から相当の努力が必要
・学校の授業ではピアノほど役に立たず目立たない!
・ピアノなどと違い他の楽器に応用がききにくい

魅力が大きい分ある程度の形になるまでのハードルが高い習い事だと思います。
「子供」「バイオリン」の最新質問
Loading
TOPに戻る